あなたがMの場合

あなたがMの場合

もしあなたがMであれば、探すべきパートナーは間違いなくSです。ただ、人数で言うとSとMで比較をすると圧倒的にSの人は少なく、どうしてもMの人は少ないSの取り合いになってしまいます。
本来であれば同数いることでバランスが取れるのですが、実情を見ると「自称S」でしかないという人がとても多いそうです。Sというのは単に相手に乱暴な言葉使いや扱いをすれば良いというものではなく、最終的にはMのパートナーを感じさせる必要があります。それもできないようではSとは言えないというのですから、実はMというのは意外にもワガママなのです。
自他共に認めるSの男性が言っていた名言があります。それは、「SMのSは、サービスのSだ」というものです。受け身になることなく、パートナーをリードして感じさせるのが真のSであって、そんな関係が出来上がっているからこそ、SM本来の楽しみ方である主従関係を作ることができるのだそうです。
確かに、受け身のSというのは聞いたことがないので、セックスでも攻め好きな人でなければなりません。攻め好きというだけでは誰も相手をしてくれないわけで、その攻めで相手を感じさせることができるSということになると、やはり人数が少ないのです。
放置や攻めをうまく使い分けられるような駆け引き上手も多いので、Mの人は、真のSを根気よく探してください。

SMパートナー