苦痛系

苦痛系

苦痛系は、SMの中でもかなりハードな部類に入ります。本来、人間というのは苦痛を極端に嫌います。痛いという感覚が耐えられないからこそ、医療の世界には麻酔があるのですから。
そんな苦痛を敢えて味わうことで、または逆に味わわせることでSとMのそれぞれが興奮するというハードSMです。
ハードSMだからと言って、かなりの上級者しかやっていないかというとそんなことはありません。中にはとても有名なプレイもあります。
例えば、ローソク。緊縛した人に上から火を付けたローソクを使って熱いロウをたらして責めるというプレイはあまりにも有名です。ほとんどの場合は赤いローソクが使われていますが、これはSM専用の低温ローソクなので、熱いと感じることはあってもやけどをするほどの温度ではありません。実によく出来ていますね。
もっとハードになるとスパンキング(叩き)や、髪を引っ張る、もっとすごいのになると殴る、踏むというものもあります。ここまで来ると暴力にしか見えませんが、SMマニアにとってはこれがたまらないというのですから、実に奥が深いです。
SMの出会い系にも苦痛系のジャンルを設けているところが実際にあるので、それなりの需要があるということなのでしょう。
いくらプレイであっても相手は大切なパートナーなので、怪我をしないようにご用心を。

SMパートナー