SMパートナー探しのお手伝い!

主婦はねらい目

Sです。
友人にはドSとも鬼畜とも言われます。
でもそのように言われるのは、暴力を振るうとか、そのようなことではありません。
自分は、SMとは信頼しあった二人のコミュニケーションの一種と思ってますから、たしかに縛ったり、叩いたりすることはありますが、相手の反応をよく観察してやりすぎるようなことはないようにしていますし、今までその境界線のようなものを間違えたことはありません。
それでもドSとか鬼畜とか言われるのはなぜかというと、主婦をターゲットにしているからです。
出会いの方法として主にSM関連の出会い系サイトを利用していますが、狙うのは常に主婦です。
主婦を狙う理由はいくつかあります。
主婦というのは結婚して夫がいる身で出会い系サイトを利用しているわけですから、多かれ少なかれ後ろめたさを抱えています。そのため遠慮がありますし、そこをついてやると、ほとんど言うことを聞いてくれます。
また、ある一定のラインを越えると主婦はかなり大胆になります。
いけないことをしているという意識があるから、それでより興奮をおぼえるのでしょう。主婦でない女性ともプレイなどしたことがありますが、大胆さではやはり主婦の方が上です。
そんな訳で、SM関連の出会い系サイトである主婦を知り合い、つきあいを始めてもう1ヶ月になります。

 

SMショーに魅せられて

彼女が普通の出会い系サイトに登録するのではなくSM関連の出会い系サイトに登録したのは、縄が好きなためです。
Mには縛られてみたいと願望があります。
そうした縛られてみたいという人を対象に、縛りを体験できるイベントなどもよく行われていますし、またSM系のクラブイベントなどもよく行われていますから、そういったクラブのショーで縛りのプレイを見ることができます。
彼女は友達に誘われてそうしたクラブイベントで、見た縛りのショーに魅せられてしまったらしいのです。そして自分も縛って欲しいと思うようになったらしいのですが、縛りは素人がやるのは危険です。
頸動脈があるところをうっかり縛ってしまったら大変ですし、そこら辺にある縄や紐などを使うと、肌に痕がついてしまって、なかなか消えません。縛りに使う縄はグリセリンでならすなど、加工が必要です。
自分は、縛りの体験イベントで縛りを習ったり、その道のプロの教えも受けているため、簡単な縛りならできます。
それをメールでいうと、彼女はがっつりくいついてきました。
縛られてみたいけれど、友達は、縛りを体験できるイベントに付き合ってくれず、かといって一人ではイベントにいけずもんもんとしていたらしいのです。

 

順々にエスカレート

彼女の望みは縛って欲しいということでしたから、初めてあったときからホテルに直行です。
しかし、ホテルにいってすぐにSEXをしたかというとそのようなことはなく、SEXをしたのは3回目でした。
後手で縛っている彼女を後から責めました。
縛りの楽しさは、縛られているうちに縄酔いといってだんだんに酔ってくることです。
縛られたいと欲望が強かっただけに、彼女はその縄酔いを最初から感じていました。
そして、3回目のデートで彼女が酔っている隙に、彼女をものにしました。
若干、抵抗しましたが、上半身を縛っていましたし、その抵抗がポーズであることはわかっていました。
それ以上暴れると、いくらならした縄でも痕がつく、というと途端に大人しくなって、むしろ彼女はもっととねだってきました。
現在、彼女とは週に1回あるか、ないかのペースで会って、プレイを楽しんでいます。
最近では縄だけでなく低温ろうそくなども使用するようになりました。
今度、ムチを使って欲しいという彼女の要望で、二人でムチを選びにいくことにしています。
通販で求めてもいいのですが、そうしたショップにいったことがないため見てみたいという彼女の要望で一緒に行くことにしたのです。
なかなかグラマラスな彼女なので、ショップで服をプレゼントしたいと思っています。
もちろん、SM専門のショップで扱うものですから大胆なものばかりです。
主婦ばかり狙ってきただけに、今まで長続きしなかったのですが、彼女がプレイを楽しんでくれるのが嬉しく、彼女とは今後も関係が続きそうです。

 

SMパートナー